認識の違いを把握するためのお話

皆様こんにちは、再・お久しぶりです。
文化祭やVentのおかげで充実した夏休みを送らせて頂きました、大塔 隆史です。

文化祭の宣伝をして適当に終わらせてしまっても良いのですが、内容が薄くなり過ぎる気がしてしまったので話題を変更します。今回のテーマは「各人の見えている世界」についてです。

今回のテーマを考える意味


僕がメンバーに指示を出す時などに、重要だと思うのがまずそのメンバーの置かれている状況・視点などを把握し、それを理解した上で適した仕事・量・期限を与える事だと思います。
今回は人によって、見えている世界が全く同じで無いと言う事を再認識してみたいと思います。

具体例(分かりやすくしすぎかも)


例えば、5個のツマミと1つのボタンがついた機械があるとしましょう。その機械はボタンを押すと1番右のツマミに設定された額のお金が出てきます。ツマミの初期値は1円です。
A君はボタンをひたすら連打しまくります。
B君はボタンを数回押した後、1番右のツマミをまわしてからボタンを押しました。すると1プッシュ100円へと変わりました。
この時、A君はニコニコしながら、ひたすらボタンを押しますが、B君はもっと出てくる金が増えないかと他のツマミを弄り試行錯誤を始めます

要するに


今回、説明したい認識の違いは、以下の2点です。

① 成功体験を知らない人は自分の失敗を認識できない
② ①を一度認識できた人は自分の失敗を認識しようとして自分を満足しなくなる

メンバーが自分とは異なる視点で物事を見ている事を認識する事はマネージメントの第一歩という事で、それを前提として触れ合う為の参考になれば嬉しいです。
又、②で登場した"満足"に関しては、おそらく今後のブログでその延長を記すと思います。

今回はここら辺で終わります。また次回!

おまけ(文化祭の宣伝)


9月24,25日に開成学園の文化祭が行われます。僕は以下のスケジュールで動いておりますので、是非足をお運び下さい。
24日(土)
10:30〜11:00 農奴解放(ボーカル)@A103
11:15〜12:15 合気道(部長)@柔道場
13:30〜14:00 shouts(ギター)@A103
16:00~ 音楽部(ベース)@小講堂
25日(日)
9:00~10:00 音楽部(ベース)@小講堂
12:00〜12:30 農奴解放(ボーカル)@A103
15:20〜16:20 合気道(部長)@柔道場

公式Webサイト : http://kaisei-fes.com/