とりあえず多様化させておけば良いという話。

本題に入る前に。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
お久しぶりにブログに戻って来たわけですが、今後も不定期に書きたい時に投稿していきます。
戻って来た理由としては
・毎日ツイッターで自分の発見をメモとして発信しているのでどうせなら。
・最近自分お考えを他の人に伝える機会が増えているので練習として。
などです。
それでは本題に。

今回の記事に於いては「多様化」について言及する。この「多様化」の考え方は様々な事象の今後の動向を考える時に、比較的簡単に考慮できるし、大幅に予想がずれる事はないと思う。(本当はただの多様化で片付けるべきでない事もある。)
未来について考える事の重要性については別の機会に言及する。

多様化とは。

僕はWikipediaが大好きだが、残念ながらWikipediaでは「多様化」の項目は作られていない。調べるまでも無いという事だろうが、意味としてはご存知の通り「様式や傾向が様々に分かれる事(by コトバンク)」である。

多様化が起こるタイミング。

「多様化が起こる」とは「今まで選択肢が少数しか無かった場面で、隠れていた選択肢が現れその数が多くなった」ということであろう。では、多様化以前に、なぜ隠れた選択肢は想定されなかったのだろうか?それは、想定できても実現できなかったという事だと思う。つまりは技術力の不足が原因だという事だ。

逆に考えると、多様化が起こるタイミングは技術力が増した時である。

そう、今、社会全体が絶賛多様化中なのだ。(いつもの事だが。)

多様化を如何に生かすか。(ダジャレ)

上で述べた通り、「多様化」は時代の流れである。
又、時代の流れに合うものは栄え、そぐわない物は消える。(こちらに関しては因果がどちらに向いているか微妙だが。)
以上より分かる通り、「多様化」する物は栄え、しない物は消えると考えて大きく外れる事は無いだろう。

ところで、今回の目的は「多様化」を未来予想に生かすことである。未来予想とは今後栄えるものを考える事である。つまり、今回の目的は「今ある物の多様化後を考える」という事だ。

では、「今ある物の多様化後を考える」フェーズまで来たら後は3ステップだ。(躓くとしたらここ。)
①対象の概念を構成する主要な要素を見つけ出す
②取り敢えず要素をすべて多様化させる
③多様化した後の要素を再構築して目標の概念を獲得する
これだけだ。ここで難しいのは②→③であり、理由としては多様化させた概念同士を使って新たな概念を獲得する時には、それを達成する為の技術に関する知識が求められるからである。

色々考えてみよう。

具体例等を挙げた所で、僕の説明能力は追いつかないので、「多様化」に関連する話を適当に列挙して終える。

・例えば、「規則」や「規則で縛る行為」には今後限界が訪れる。具体的な規則だけでは多様化した行動をカバー出来るとは思えない。
・又、「集団で同じ行動をとる事」も無くなるだろう。わかりやすい例は、高校までの学校教育等だ。それを可能にする技術力の向上といえば、YouTubeや教育サイトを中心としたインターネットの発達である。それぞれが学びたい事を学べる様になる。

みたいに、考えてみると意外と見つかるかもしれない。
変化の一つの指標として「多様化」は有用であるのだ。